カメラ用ライトが点かないので修理する

ガジェット

ガジェットを買うとハズレをよく引く、田中です。

今回は、カメラ用のLEDライトを買ったのだけど、単3電池で点灯しないので修理しました。

カメラバッテリーでは点くが、単3電池で点かない

私はSONYのハンディカムを使っているので、カメラのバッテリーと単3電池の両方が使えるLEDライトを購入しました。

購入した商品は、「NEEWER CN-160」というLEDライトです。

このライトはかなり明るくてお気に入りでしたが、家にあるAmazonBasicのニッケル水素単3電池で点灯しない問題があります。

今回はこれを修理してみようと思います。

単3電池で点灯しなかった原因

単3電池で点灯しなかったのは、電池ボックスのプラス側のガイドが電池と接触していました。

このため、電池の+電極が電池ボックスのターミナルに接触しておらず通電していませんでした。

下の画像の部分です。

カッターで削る部分(写真は処置済み)

ここをカッターでぶった切ることで、ちゃんと電池の+電極が電池ボックスのターミナルに接触するようになり点灯するようになりました。

他の不便なこと

単3電池で点灯するようになったことは喜ばしいのですが、電池駆動だと点灯時間が短いです。

単3ニッケル水素電池で1時間点灯するかどうか。

Sony標準のカメラバッテリーで2時間もつかどうか。

何時間も使いたい場合はやっぱりコンセントから電源供給したい。

9V用のACアダプタが使えるように改造予定です。

動画

まとめ

  • NEEWER CN-160は安いし明るくておすすめ。
  • 安いので品質は微妙だが、個人的には満足しています。

田中からは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました