SFC会員を目指すための準備編1「ANA ワイドゴールドカード」

SFCへの道

これからSFC修行僧になります、田中と申します。

若輩者ですが、宜しくお願い致します。

この度、当ブログを始めるきっかけとなった、「スーパーフライヤーズカード会員を目指す」の準備のため、

「ANA ワイドゴールドカード」

を作りました。

ANAワイドゴールドカードはVISAとマスターが選べるのですが、

私は為替レートが有利なマスターを選びました。

ガスや電気などの毎月引落しのものや、サブスク購入しているネットサービスなどの支払いをすべて「ANAワイドゴールドカード」へ統合しました。

様々なサイトでカードのスペックなどは紹介されているので、知ってるよって思う人もいるとは思いますが、

おさらいです。

ANA VISA/Mastercard ワイドゴールドカード とは

国内主要空港のカードラウンジを無料で利用でき、旅行保険が充実しています。

また、三井住友カードのワールドプレゼントポイントからANAマイレージへのポイント移行が優遇されます。

ワールドプレゼントポイント1ポイントを10マイルで移行可能です。

この高いレートで移行ができる「10マイルコース」ですが、一般カードやワイドカードでは税別5,000円、6,000円と手数料がかかるのに対して、

ワイドゴールドに関してはこの移行手数料が無料です。

ゴールドカード会員は、カード入会時と継続時に2,000マイルがもらえ、ANAの飛行機利用で+25%のボーナスマイルがもらえるため、

効率的にマイルを獲得することが可能です。

ANA VISA/Mastercard ワイドゴールドカード の年会費について

カードの年会費は税別14,000円と高額ですが、下記2点を達成することで、税別9,500円にすることができます。

  1. マイ・ペイすリボを利用してリボ払い手数料の発生が年1回以上ある場合。
  2. Web明細書サービスの登録

私のようにリボ払いアレルギーの人は割引が少ないですが、Web明細書サービスの登録での割引のみ利用しましょう。

Web明細書サービスの登録での割引は翌年以降の年会費が1,100円(税込)の割引が受けられ、

14,300円となります。

翌年からの割引なので、1回目の年会費は満額取られます。

私は、それでも

リボにはしない!

年会費はこちらの三井住友カードのホームページにまとまっています。

三井住友カードの年会費についてはこちら

その他の特典について

  • 空港内免税店で10%割引あり。
  • 空港内店舗での割引。
  • エコノミー搭乗券でもビジネスクラスカウンターでチェックインが可能(優先チェックイン)
  • 成田空港のANAマイレージクラブ提携駐車場で駐車料金の割引あり。
  • ANAグループホテルの宿泊割引
  • ニッポンレンタカー割引

詳しい特典情報はこちらのANAホームページにまとまっています。

ANAカード特典情報についてはこちら

今回は、SFC修行でマイルを効率よく貯めるために

「ANA ワイドゴールドカード」を作ったぜ!

って話でした。

田中からは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました