自炊で使うMac用App作ったから配布する(画像→PDF)

パソコン

紙の本を買ったら自炊をしている田中です。

自炊とは?

「自炊」というのは、紙の本を裁断し、スキャナでデジタルデータとしてPCへ取込み電子書籍にする作業のことを言います。

自炊で必要な物

カッター

本当は裁断機があると便利ですが高いので、刃が大きいカッターを用意すると良いです。

カッティングボード

机が傷ついてしまうので必要です。

ドキュメントスキャナ

両面一度に取り込める、書類専用のスキャナです。

3万円くらいからあります。

私が使っているのは「EPSON DS-310」というドキュメントスキャナです。

なぜこんなアプリを作ったのか

  • Adobe acrobatが高いから
  • OS標準のプリンタドライバでPDF化する機能がゴミ

この2点です。

ドキュメントスキャナの取込みソフトで、PDFで保存することはできるのですが、取込み時にどうしても斜めになったり、古い本だと黄ばみがひどかったりします。

その場合は、画像編集ソフトで角度や色合いを調整するため、1度画像として保存する必要があるのです。

1度画像として保存してしまうと、スキャナのソフトでPDFにすることはできません。

なので、アプリを自作することにしました。

アプリ作成でこだわったこと

  • 今回アプリを作るにおいて下記についてこだわりました。
  • ドロップアンドドラッグで簡単に使えること
  • ややこしい設定が必要無いこと
  • フォルダが階層になっていてもいい感じに処理してくれること

アプリのダウンロードはこちら

書籍の画像が入ったフォルダをドロップアンドドラッグしてStartボタンを押すだけで使えます。

余計なことはせず、オリジナルの画像サイズのままPDF化するだけのアプリです。

まとめ

  • Mac用の自炊を補助するアプリ作ってみた。
  • みんな使ってみてね

田中からは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました