運転用メガネを買い替えた

クルマ

用途別にメガネを分けたい田中です。

7年使った車運転用のメガネを買い替えました。

プラスチックレンズは劣化する

昔メガネといえば、ガラスレンズでしたが、現在はプラスチックレンズが主流です。

メガネって一度買ってしまえば度数が合わなくなった等なければあまり買え変えることなんて無いですよね。

ずっと使い続けられるって思っている人、多いのではないでしょうか?

「汚れが落ちにくくなった」「視界が曇って見える」等思ったことはないでしょうか?

それ、実はレンズの寿命かもしれませんよ!

通常のプラスチックレンズの寿命、

2年~3年

らしいです。

どんなレンズを選べばよいか?

レンズっていっぱいありますよね?

  • 通常クリア
  • カラーレンズ
  • ドライビングレンズ
  • ブルーライトカットレンズ
  • 曇り止めレンズ

…etc

様々なレンズがあります。

用途別にメガネを用意すべき?

近視と乱視の私の持論ですが、

用途別にメガネは使い分けるべきです。

私は、ブルーライトカットのメガネと、運転用メガネの2本で使い分けています。

普段の家の中や、車を使わない外出は「ブルーライトカット」のメガネを使い、車を使う外出のときは、「運転用」のメガネを使っています。

左:夜間用ドライビングレンズ 右:ブルーライトカットレンズ

度数は用途に応じて使い分けよう

私は、家や車を使わない外出のときは、度数1.0以上などそんなに遠くまで見える必要がありません。

むしろ、1.0以上出るレンズをつけていると、PCや読書など近場を見るときに目が疲れます。

逆に車の運転など、遠くまでよく見える必要がある場合は1.0くらいの視力がほしいです。

私が使っている2つのメガネは

  • ブルーライトカットメガネ-> 視力0.8程度
  • 運転用メガネ-> 視力1.0程度

に設定しています。

夜間用ドライビングレンズを選んだ理由

ドライビングレンズや偏光レンズ等の高機能レンズは、用途に特化しています。

用途に特化しているということは、ドライビングレンズであれば交通安全に寄与するということです。

ドライビングレンズ

今回はJINSでメガネを購入しました。

選んだレンズは「夜間用ドライビングレンズ」です。

なぜ夜間用なのか?

ドライビングレンズは、昼間用と夜間用の2種類があります。

昼間用のドライビングレンズは、逆光などの眩しさを軽減します。

夜間用のドライビングレンズは、対向車のヘッドライト等の眩しさを軽減します。

(眼鏡市場では、日中と夜間ずっと使えるドライビングレンズがあるようです)

昼間用のドライビングレンズは、透過率が低いため、夜間の運転では使用できません。

その点、夜間用のドライビングレンズは透過率が高いため日中も通常クリアレンズと同じように利用できます。

この点を確認して、夜間用ドライビングレンズを選択しました。

私が買ったメガネの値段

今回私はJINSで購入しました。

フレームをネットで購入し、レンズ交換券で店舗で視力を測ってレンズを作ってもらいました。

値段は以下画像の通り。

総額のうち5000円はドライビングレンズ代です。

うーん、

★激安★

実際に使ってみた感想

昼間と夜間の運転で実際に着用してみました。

昼間

以前は通常クリアレンズで運転していましたが、特に視界に変化ありません。

レンズ自体に色はついていますが、視界が暗くなったり距離感が変わったりはありませんでした。

通常クリアレンズと全く同じように使用できます。

夜間

明らかに対向車のヘッドライトの眩しさが軽減されました。

対向車のヘッドライトを見たときの放射状に光の線が明らかに少なくなりました。

昼間同様に視界が暗いと感じたり距離感が変わったりはありませんでした。

+5000円する価値はあります。

まとめ

  • メガネは用途別に用意しよう!
  • メガネは3年くらいで買い換えよう!
  • 別段高い眼鏡を買う必要なし!
  • ZoffやJINSで十分高機能!
  • 高機能レンズで+5000円なら追加する価値あり!

田中からは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました