海外旅行時のインターネット確保について

旅テク

インターネット依存症の田中です。

今回は、海外旅行で現地でモバイルネット回線を確保する方法について書いていこうと思います。

滞在期間が1周間以内の場合を想定しています。

そもそも海外でネット回線は必要か?

結論

あったほうが便利。

私の場合は仕事柄ネット環境は必須なので、必ず現地のモバイルネット回線に接続できるように準備していきます。

私のような場合を除いて、ネット回線が絶対必用かと言われると、「あれば便利」だと思いますし、

旅行者向けのプリペイドSIMカード(スマホに刺す小さなカード)なら安く手に入りますので、できれば入手しておきたいものです。

モバイル回線に接続できれば空港以外でも、LineやiPhoneのFaceTimeなどの通話や、Google翻訳、Googleマップなどが利用できて便利です。

私は必ず事前に現地で使えるSIMカードを購入して行きます。

レンタルの場合

レンタルする場合、空港で出発前にWi-Fiレンタルショップでレンタルするか、ネット経由で申込手続きをし、出発前に空港にあるWi-Fiレンタルショップで受け取るかになります。

主要空港なら、現地の携帯電話会社のカウンターがあるので、そこでレンタルすることも可能です。

事前にレンタル手続きをするために業者を選ぶと思いますが、カカクコムの海外Wi-Fiレンタル比較でプランを検索して契約するのがよいと思います。

価格.com 海外レンタルWi-Fi比較はこちら

自分でSIMを用意する場合

自分でSIMを用意する場合、東南アジアや主要国なら日本のAmazonでも旅行者向けの現地SIMカードを売っています。

東南アジアで使えるSIMですと、6日間で800円(通信費込)程度で購入することができます。

現地空港の携帯電話会社カウンターでも購入することができます。

前回韓国に行ったときはこちらのSIMを利用しました。

韓国で田中が利用したSIMはこちら

タイに行ったときはこちらのSIMを利用しました。

タイで田中が利用したSIMはこちら

必要なもの

現地でモバイル通信をするために必要な物があります。

  • SIMロック解除したスマートフォン
  • 端末付属のSIMピン

現地でモバイル通信をするためには、SIMロック解除、またはSIMフリーのスマートフォンが必要になります。

ドコモやソフトバンク、auなどキャリアで購入されている場合、SIMロックを解除してもらいましょう。

端末代を年払いや2年払いの場合、期間によってはSIMロックが解除できない場合があります。

確認しましょう。

SIMロック解除済み、SIMフリーのスマートフォンの場合は利用可能です。

Amazonなどで売っているSIMフリーモバイルルータ(NECやNetgear等)はあまりおすすめできません。

接続できないとか、すぐ切れるとか、とにかく不安定です。

電池もすぐに無くなります。満充電から5時間くらいしか持ちません。

私もNECのSIMフリーモバイルルータを持ってますが、国内のドコモのSIM等は問題ないのですが、海外では不安定で使い物になりません。

モバイルルータで複数人で電波を共有したい等の場合、Wi-Fiルータをレンタルするのが無難です。

設定

自分でSIMを用意した場合、現地で日本で利用しているSIMと交換する必要があります。

現地の接続先携帯電話会社によっては、別途スマートフォンの接続設定が必要になる場合がありますが、

購入したSIMに設定方法が書いてありますので心配ありません。

現地携帯電話会社カウンターで購入した場合は、カウンタースタッフが設定してくれたりします。

まとめ

今回は、

「現地の通信手段は確実に手に入れよう!」

「旅行者向けのプランなら十分安く利用できる!」

「自分でSIMを用意する場合、端末がSIMロック解除済みかSIMフリーかを確認しよう!」

「Wi-Fiルータの場合はレンタルが無難!」

という話でした。

田中からは以上です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました